夏の遺品整理で多い案件

北陸全域より遺品整理・生前整理に関するご相談を何でも承っている遺品整理プログレス北陸でございます。

今日は夏になると増える案件についてご紹介します。

毎日たくさんのお客様より遺品整理のお問合せをちょうだいしますが、夏になると増えるのが遺品整理プラス特殊清掃の依頼です。

一人暮らしの高齢者のお宅に遺品整理に伺うと、体が自由に動かせないために住居内にゴミが溜まっている方や、死亡後に発見が遅れて遺体の腐敗が進んでしまったという方がおられます。冬場に比べて夏は気温が高くなるので悪臭が漂いやすく、近隣の方からの通報で亡くなられていたことが発覚することが多いです。

条件にもよりますが、気温が高い状態では早ければ2日から3日もするとかなり腐敗してしまいます。遺品整理プログレス北陸が扱っている特殊清掃では、住居内に染みついたしつこい臭いをオゾンの力により徹底的に分解し、シミや汚れは専門家が使用する特殊な薬剤で殺菌、消毒、殺虫します。そして再び生活できる状態にまでお部屋を復活させます。作業にかかる日数は、見積をさせていただいての判断になりますが特殊清掃から遺品整理まですべてお任せいただくと、平均して数日いただいております。

孤独死は一人暮らしをしている人なら誰にでもありうることで、高齢者にかぎったことではありません。40代や50代、発生率はかなり低いですが20代の方でも孤独死をする可能性は大いにあります。大切なのはご自身に何かあった時になるべく早く気づいてもらえるようにすることです。日頃から一人でも多くの人と関わりを持ったり家族と連絡を取り合うことで、一人でも多くの人に自分の存在を気にかけてもらうように働きかけましょう。そうしておくことで、万が一亡くなってしまったとしても腐敗が進むまで発見が遅れるという状況に至らずに済むかもしれません。

またご自身だけでなく近隣の方のご様子も気に掛けるようにもしてください。
最近顔を見かけない、ポストにチラシなどが溜まっているなど、何か異変を感じたら警察などへご連絡をお願いします。もしかすると部屋で倒れていて間一髪のところで命が救えるかもしれません。

遺品整理プログレス北陸は孤独死をなさった方の供養も取り行いますのでお気軽にお問合せください。ご希望によりお部屋のリフォームも承っております。遺品整理をご依頼の際はご都合に合わせてご利用ください。
まだまだ暑い日が続きますが、私共はお客様のご満足のために精一杯の真心を込めて作業をさせていただきます。これからも遺品整理プログレス北陸をよろしくお願いいたします。