遺品整理士が多数在籍しております 遺品整理プログレス北陸

北陸全域より遺品整理・生前整理に関するご相談を何でも承っている遺品整理プログレス北陸でございます。

さて本日3回目の更新は遺品整理に関わる大切な資格。

【遺品整理士】についてご紹介したいと思います。

遺品整理士は、社団法人【遺品整理士認定協会】が、遺品整理の取り扱い手順や遺品整理に関わる法規制等の知識を身に付けさせ、試験を経て認定されるものになります。

悲しい事に認識の違いから、遺品整理を遺品の【処理】と勘違いされている業者も多いです。

生前使用され、故人の想いのこもった品々を"供養"という観点を持つことがまず遺品整理士として重要な部分になると思います。

そしてなにより法律が色々と絡んでくるのも、遺品整理の特徴といえるでしょう。

しっかりと法規定に基づき、法令遵守の認識を持っている遺品整理士は遺品整理を行う上ではもはや必須の資格だと思います。

業者も増えてきている中、やはり重要なポイントは資格や許可をしっかりと提示してあるかどうかだと思います。

私達遺品整理プログレス北陸では、ご依頼いただく方々に安心、信頼をしていただけますように遺品整理士をさらに養成していく所存であります。

今社会問題として、高齢者の孤立死などの問題が増えてきています。

今後高まる需要に対応していく遺品整理業を十分に理解し、想いのこもるご遺品をを取り扱える専門家としての活動を行っていきます。

廃棄物などに関しましても、適正な処理というものがあります。

廃棄物やリサイクル品の取り扱いに関する各法規制を学び、正しい知識を持ち適正に処理を行います。

またこのような遺品整理士という一定のラインがある事で、それが基準となります。

それがこの遺品整理業界全体の健全化にもなります。弊社でもその力になれるように日々精進していく所存であります。

そして何より遺品整理の実務です。

遺品整理士としてのノウハウや過去の事例、経験などがほかの方とは段違いにあります。

遺品整理のプロが、徹底して整理・ 分別を行います。故人・ご遺族様の思いを大切に、質の高い丁寧な サービスで遺品整理のサポートをいたします。

ご依頼をお考えの方は、ぜひ一度ご相談くださいませ。

自宅介護をされていた方からのご依頼です 遺品整理プログレス北陸

北陸全域より遺品整理・生前整理に関するご相談を何でも承っている遺品整理プログレス北陸でございます。

本日2本目の案件紹介になります。

本日のご依頼は富山県富山市のこちらのお宅になります。

ここ最近は富山県からのご依頼が非常に多くなってきております。

富山県は家が広い方が地域柄多いので、各ご依頼者様も遺品整理がとても大変だとお聞きしております。

IMG_5329.jpg

IMG_5333.jpg

IMG_5332.jpg

IMG_5339.jpg

IMG_5330.jpg

IMG_5337.jpg

IMG_5331.jpg

IMG_5338.jpg

もちろんこれは一部分ですが、土地が広いので、家周りにも使わなくなったもの、粗大ごみなどが散乱しておりました。

ご依頼者様も故人様を介護しながら生活していたようで、なかなか片づけられないほど大変だったことは容易に想像できます。

仏壇などの供養もご依頼いただきました。それも含めて、とてもおひとりでは片づけるのは困難な状況でした。

それだけにその後の遺品整理まで行う気力が無かったのでしょう。

整理作業完了後の「本当にありがとうございました。」の言葉とその時の安堵した表情は忘れられません。

ここ数年で遺品整理のニーズは非常に高まってきております。日々ご依頼いただく方々からもそれを感じることができます。

この忙しい時代、そして住居環境や、人々の生活環境も変わってきている中、自分達で遺品整理をするのが困難になってきた時代になってきたと思います。

遺品整理を行う際にはぜひご相談いただきたいと思います。

ご一緒に遺品整理を行わせていただき、前へ進むお手伝いをさせていただきたく思います。

遠方からの遺品整理のご依頼でした 遺品整理プログレス北陸

北陸全域より遺品整理・生前整理に関するご相談を何でも承っている遺品整理プログレス北陸でございます。

9月最終日です。

今日も遺品整理のご依頼がございます。

日々遺品整理を行わさせていただいていると、日々命が産まれてまた、亡くなっていくのだなと実感しております。

1人1人にとっては一生に一度のことですが、この世の中で見直してみると日常になっていること。

日々悲しんでいる、困っている方がいるのだと思います。

そのような方々のためにも、私達のこの仕事は必ずこの世の中のためになると思って日々頑張っております。

そのためにもご依頼者様方1人1人のお気持ちや立場を尊重し、寄り添った遺品整理を行うように心がけてまいります。

さてそれではご案件の紹介になります。

本日のご依頼は富山県滑川市よりいただきました。

IMG_5317.jpg

IMG_5320.jpg

IMG_5318.jpg

IMG_5321.jpg

IMG_5319.jpg

IMG_5322.jpg

今回のご依頼はこちらの富山県からではなく、県外の遠方からのご依頼になります。

かなり前に亡くなられたそうで、家庭ごみや、粗大ごみ、まだ使える家具家電製品や、倉庫の物など片づけるのが非常に困っていたそうです。

電気水道などは以前から止めてありましたが、天気も良く視界良好で作業も順調に終えることができました。

遠方に住まわれている方はやはり遺品整理を行おうと思っても、なかなか難しいものがあります。

まとまった休みを合わせて取るのが難しかったり、処分方法も各地域によって微妙に違ったり、これだけの量をどうやって処分するのかもわからない。

色々な課題や問題が山積みです。

何より交通費などの費用が大きくかさみます。

そこで弊社の出番です。

基本的には1日で遺品整理を完了させていただきます。その他にもいろいろな付随するサービスを行う事ができます。

上記のような問題を解決でき、費用も交通費や滞在費などを考えると、その分の費用を遺品整理費用に充てると考えるといいと思います。

遠方の方で遺品整理をお考えの方は、ぜひ一度ご相談だけでもいただければと思います。

必ずやお力になれるよう尽力いたします。

  1. 4
  2.  
  3. 5
  4.  
  5. 6
  6.  
  7. 7
  8.  
  9. 8
  10.  
  11. 9
  12.  
  13. 10
  14.  
  15. 11
  16.  
  17. 12
  18.  
  19. 13
  20.  
  21. 14